萩生田光一文部科学相は19日、国立大学協会など国公私立の大学4団体の会長らと東京都内で面談した。新型コロナウイルス感染症の影響で中退した学生に配慮し、復学できる余地をつくるよう要望。各大学の事情に応じて対面授業を実施することも改めて求めた。面談後、記者団に明らかにした。

 面談では、対面授業の再開や大学入試への対応などコロナ禍の課題について意見交換した。萩生田氏はキャンパスに入った機会が数えるほどだという新入生の声を紹介し「学生が納得できるような形で、学習機会の確保に努めていただきたい」と語った。