【ワシントン共同】米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国外相は18日、香港立法会(議会)の民主派議員4人の議員資格剥奪の引き金となった中国による新たな基準決定を「強く懸念する」との共同声明を発表した。中国に直ちに基準を見直し、議員に復帰させるよう求めた。

 声明は基準決定に関し、香港国家安全維持法(国安法)施行や、立法会選挙の延期に続く「香港の高度な自治と権利、自由をさらに損なうものだ」と批判。香港に高度の自治を約束した1984年の中英共同宣言に「明らかに違反している」と強調した。