7月の豪雨で氾濫した熊本県・球磨川流域の治水策に関し、蒲島郁夫知事は19日、支流・川辺川でのダム建設を容認し「流水型を国に求める」と県議会全員協議会で表明した。甚大な豪雨被害を経て、住民間で建設の賛否が拮抗する中、自身の看板政策として掲げてきた「ダムによらない治水」を転換。清流保全を求める意見に配慮し、県は環境負荷が少ないとされる流水型を選んだ。

 蒲島氏は協議会で「命と環境の両方を守ってほしいという願いが私が感じ取った民意。この民意が決断をした最大の理由だ」と説明。

 県は「流域治水」の中心にダムを据え、国や流域市町村と本年度内の早い時期に具体策を決める。