鹿児島大総合研究博物館などの研究グループは18日、同県・奄美大島で10月下旬、環境省のレッドリストで絶滅種に分類されているイラクサ科の小低木「ホソバノキミズ」が見つかったと共同通信の取材に明らかにした。国内では約100年前に奄美大島と沖縄で採集された標本があるだけで、それ以降は自生の報告はないという。

 同館の田金秀一郎特任助教(40)らの調査によると、ホソバノキミズは奄美大島の標高約30メートルに位置する常緑樹林の沢沿いで生育しているのが確認された。

 国内では1887年に沖縄で、1910年と24年に奄美大島で採集されたのが最後という。