路面に段差ができて14日夜から車が通れなくなっていた上関大橋(山口県上関町)の応急復旧が完了したとして、山口県は18日午後6時ごろ通行を一部再開した。上関大橋は、上関町の長島と本州側とを結ぶ唯一の陸路。片側1車線の交互通行とし、乗用車や2トン以下のトラックに限り橋全体で1台ずつ走行できる。住民からは安堵の声が上がった。

 風速が30メートル以上になった場合は再度規制する。段差ができた原因は分かっておらず、全面復旧の見通しは立っていない。18日の記者会見で村岡嗣政知事は、来週にも専門家会議を立ち上げ、原因究明や全面復旧策を検討すると表明した。