フィンランドの財団が公認したサンタクロースの来日が、新型コロナウイルスの影響で今年は見送られることが18日、関係者への取材で分かった。フィンランド航空が約30年前からクリスマスシーズンに合わせ日本に招いていた。中止は初めて。

 関係者によると、新型コロナの感染拡大で出入国が制限されていることに加え、サンタは子どもたちとのふれあいを前提としており、「ディスタンス(距離)を確保するのはそぐわない」と、中止は決めたという。

 財団公認サンタは例年、11月下旬~12月上旬にフィンランドから成田空港に到着していた。