西村康稔経済再生担当相は18日、経済同友会の桜田謙悟代表幹事とテレビ会議形式で会談し、飲酒を伴う懇親会や大人数、長時間の会食など新型コロナウイルスの感染リスクが高まる「五つの場面」に警戒するよう呼び掛けた。

 全国各地でクラスター(感染者集団)が発生し、新規感染者が増加していることを踏まえ、忘年会などの飲み会が多くなる時期を前に経済界に改めて注意喚起する狙いがある。

 会談で西村氏は「夏の感染拡大を上回る大きな流行となっている。テレワークや時差出勤の徹底をお願いしたい」と要請した。桜田氏は「感染『第3波』が来たとの前提で危機感を持って対応したい」と応じた。