東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)を巡り、同県の村井嘉浩知事と女川町の須田善明町長、石巻市の亀山紘市長は18日、県庁で東北電力の樋口康二郎社長に会い、再稼働への「同意」を伝えた。

 知事は上京し同日夕、梶山弘志経済産業相に再稼働に了承したことを正式に報告する。地元同意の完了は東日本大震災で被災した原発では初めて。

 東北電は2013年、安全協定を結ぶ県と2市町に対し、再稼働に必要な「フィルター付きベント」など重要設備の設置了解を求める協議を要請していた。この日の知事らの回答は要請への了承を伝えるもので、事実上、再稼働に同意したことになる。