【ニューデリー共同】日本と米国、インドに加えてオーストラリアも参加した海上共同訓練「マラバール」が17日、インド沖のアラビア海で再開された。インド海軍が明らかにした。3~6日のベンガル湾に続く一連の訓練。オーストラリアの参加は2007年以来で、4カ国には「自由で開かれたインド太平洋」構想の下で連携を深め、中国をけん制する狙いがある。

 両海域は中東とアジアを結ぶ海上交通路(シーレーン)にあり、巨大経済圏構想「一帯一路」を進める中国が影響力を広げている。4カ国は20日までの訓練で、各国海軍、海上自衛隊の間で相互運用能力の向上を図る。