【ベルリン共同】欧州有数の美術コレクションを誇るドイツ東部ドレスデンの「緑の丸天井博物館」から昨年11月、王家の宝物類が盗まれた事件で、地元警察は17日、容疑者としてドイツ人の男3人を逮捕したと発表した。同日、警察官1600人以上を動員して首都ベルリンの住居など10カ所以上を捜索する大がかりな捜査を展開した。

 報道によると、宝石でかたどった18世紀の装飾品類が盗まれた。当時、ドイツでの「戦後最大の美術品盗難事件か」と報じられ、博物館長は「価値の付けようのない品々が盗まれた」と語っていた。