東京五輪の水泳オープンウオーター(OWS)のスタート時間が午前6時半となることが17日、関係者への取材で分かった。午前7時の計画だったが、昨夏のテスト大会を踏まえて暑さ対策のため前倒しの方針となった。18日に発表される見通し。女子が来年8月4日、男子が同5日に行われる。

 猛暑だった昨年夏のテスト大会は、会場のお台場海浜公園の高水温が懸念され、午前10時だった男子の開始時間を午前7時に早めた。本番もスタート時間を繰り上げるべきだとの声が高まったが、観客輸送などとの兼ね合いから関係機関の調整に時間を要していた。