来年の東京五輪で金メダルが期待されるソフトボール女子日本代表が17日、五輪会場の横浜スタジアムで合宿を公開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月以来の代表活動となり、宇津木麗華監督は「みんなの元気な顔を見て、監督として幸せを感じた」と再スタートを喜んだ。

 選手たちは五輪で着用する赤色を基調とした新ユニホームに身を包んだ。エースで38歳の上野由岐子は、外野で長い時間をかけてキャッチボールを行った。東京五輪の開催を危ぶむ声もあるが「やる、やらないを決めるのは私たちじゃない。自分たちが歩いて行かなければいけない道を進んでいく」と言葉に力を込めた。