派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(41)の控訴審判決で、東京高裁(細田啓介裁判長)は17日、懲役5年とした一審東京地裁判決を破棄し、懲役4年を言い渡した。

 控訴審で弁護側は、被告は女性の合意があると誤信したとして「罪の成立の前提となるような暴行はなかった」と無罪を主張していた。その上で、仮に罪が成立するとしても、懲役5年とした一審判決は、重すぎて不当だと刑を軽くするよう求めていた。

 判決によると、2018年7月1日午前3時25分ごろ、東京都内の自宅で女性に乱暴した。