【ケープカナベラル(米フロリダ州)共同】野口聡一さん(55)ら日米の飛行士4人を乗せた米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンは16日(日本時間17日)、打ち上げから1日以上かけて国際宇宙ステーションに到着し、ドッキングに成功した。

 野口さんらは来年4月まで半年、ステーションに滞在する。ドッキング後、野口さんは日本語で「無事にステーションにドッキングした。国際パートナーの一員として民間宇宙船のドッキングに立ち会えて幸せだ。これから半年間の宇宙滞在も皆さんと感動を分かち合おう」とあいさつした。

 野口さんは飛行中、オンライン中継で船内の様子を紹介した。