【ニューヨーク共同】週明け16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比05銭円高ドル安の1ドル=104円52~62銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1847~57ドル、123円91銭~124円01銭。

 米製薬の新興企業モデルナが新型コロナウイルスのワクチンの有効性を示す試験結果を公表したことからリスク回避姿勢が和らぎ、朝方は円売りドル買いが活発化した。その後は利益確定の動きが強まり、もみ合った。