【ワシントン共同】複数の米メディアは16日、トランプ米大統領が週内にも、アフガニスタンとイラクに駐留する米軍のさらなる削減を命じる可能性があると伝えた。政権交代の5日前となる来年1月15日までに実行する考えという。トランプ氏が今月9日に電撃解任したエスパー前国防長官は、性急な削減に慎重な姿勢を取っていたとされる。

 米軍は現在、アフガニスタンに約4500人、イラクに約3千人が駐留しているが、それぞれ約2500人まで削減する方針。

 トランプ氏は公約とする外国駐留米軍の削減を進めてきた。