ロッテの石川歩投手(32)が、ポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を、今オフは断念する意向であることが16日、分かった。球団が今オフの利用を認める方針を示したが、本人が同日中に球団幹部に連絡を入れた。新型コロナウイルスの感染拡大により、情勢が不安定なことが要因とみられる。

 石川は昨オフの契約更改交渉で、早ければ今オフの米大リーグ挑戦を球団に要望していた。海外フリーエージェント(FA)権取得は最短で2023年シーズン。球団幹部は「球団としてストップをかけることはない」と話していた。