国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、東京都庁を訪れ、小池百合子知事と会談した。新型コロナウイルスの影響を克服して東京五輪・パラリンピックを安心安全な大会として開催するため、関係機関が一丸となって取り組む方針を確認した。

 バッハ会長は新型コロナ対策として部屋の入り口で手を消毒した後、小池氏と笑顔で肘タッチを交わした。椅子も相互の間隔を2メートルほど空けて配置された。

 小池氏は「ウイルス対策で最大限の努力を重ねている」と説明。テニスの全米オープンなどでの日本人選手の活躍を挙げ「スポーツは人々の心を熱くさせる」と強調した。