バスケットボール男子のBリーグは16日、水戸市のアダストリアみとアリーナで来年1月に開催するオールスター戦の概要を発表した。新型コロナウイルス感染対策として観客数は収容人数の50%を目安とし、チケットは非接触での入場が可能なものを販売する。東京都内で記者会見した島田慎二チェアマンは「状況に適応しながらやっていく。難しい状況だからこそ、できることの意味は大きい」と強調した。

 1月15、16日に開催。1日目にダンクコンテストなどのイベント、2日目にオールスター戦を実施する。試合は26選手が2チームに分かれて対戦。両チームの先発5人はファン投票で決まる。