国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、菅義偉首相と官邸で会談し、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックを、必ず実現するとの方針で一致した。欧米や日本で感染が再拡大している中、改めて両者で開催に向けた強い決意を示した形。首相からコロナ対策などの説明を受けたバッハ氏は会談後、「観客を入れることに対しても確信を持つことができた」と述べた。

 バッハ氏は組織委の森喜朗会長とともに記者会見した。ワクチンが開発された場合、IOCとして五輪参加者向けに確保に努め、費用はIOCが負担する意向を表明。「ワクチンを接種した上で日本に来てほしい」と述べた。