全日本柔道連盟(全柔連)は16日、東京五輪男子66キロ級代表決定戦を12月13日に東京・講道館で実施すると発表した。丸山城志郎と阿部一二三の新旧世界王者による1試合限定の極めて異例な形式。勝者が五輪代表に選ばれる。新型コロナウイルス感染対策のため、無観客開催となった。

 男子66キロ級は男女14階級で唯一代表が決まっていない。4月の全日本選抜体重別選手権が当初の最終選考会だったが、新型コロナの影響で延期。再設定された12月のグランドスラム東京大会も中止となった。来夏の五輪までの準備期間を考慮し、注目の争いを「ワンマッチ」での決着とした。