DeNAは16日、ロペス内野手(36)、パットン投手(32)と来季の契約を結ばないと発表した。ロペスは1年契約、パットンは今季が2年契約の2年目だった。

 ロペスは来日8年目で今季は日米通算2千安打、外国人選手では初の米大リーグとの両方で通算千安打を達成したが、81試合の出場で打率2割4分6厘、12本塁打、42打点にとどまった。4日に国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たし、来季は外国人選手枠に含まれない。

 パットンは来日4年目でセ・リーグ最多の57試合に登板し、3勝2敗、防御率4・92だった。