北海道の鈴木直道知事と札幌市の秋元克広市長は16日午前、新型コロナウイルスの道内感染者が札幌市を中心に急増していることを受けて道庁で緊急会談し、札幌市民に不要不急の外出自粛と道内他地域への往来を控えるよう要請する方針で一致した。道独自の警戒度は現在「3」だが、札幌市のみ「4」相当の取り扱いとする見通し。

 また、愛知県の大村秀章知事も16日の記者会見で、新型コロナ感染対策で4段階ある県独自指標を、現在の感染状況が続けば上から2番目の「厳重警戒」に引き上げざるを得ないとの認識を示した。現在は1段階低い「警戒」。