菅義偉首相は16日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と官邸で会談した。新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックを安全に開催するとの決意を共有。実現に向けて緊密に協力していくことで一致した。首相は「観客の参加を想定した、さまざまな検討を進めている」と説明し、バッハ氏は来日する選手や関係者へのワクチン確保に力を入れる意向を示した。

 バッハ氏の来日は東京大会の延期決定後では初めて。会談で首相は「安全、安心な大会を実現するため、緊密に連携して全力で取り組んでいきたい」と表明した。