米流通大手ウォルマートは16日、保有する国内スーパー大手西友の株式の65%を米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却することで合意したと発表した。西友とネットスーパーを展開する楽天側も20%を取得する。新型コロナウイルスの流行で電子商取引(EC)の需要が高まっており、デジタル戦略を強化する。

 株式売買に当たり西友の企業価値は1725億円と評価した。楽天は小売業のデジタル化推進を支援する「楽天DXソリューション」を来年1月に設立し新会社が西友の株式を取得。ウォルマートが15%を継続保有する。株式取得は2021年1~3月期に完了予定。