内閣府が16日発表した2020年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比5・0%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は21・4%増となった。新型コロナウイルス感染拡大で停滞していた経済活動の再開が進み、4四半期ぶりにプラス成長に転じた。伸び率は現行基準で比較可能な1980年以降で最も高くなった。

 ただ戦後最悪の年率28・8%減だった4~6月期の落ち込みを補うには至っていない。足元では感染「第3波」が広がり、今後の回復にブレーキがかかる恐れもある。