【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は15日、全米の新型コロナウイルスの累計感染者が1100万人を超えたと伝えた。8日に1千万人に達したばかりで、加速度的な増加が続いている。

 大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領のコロナ対策専門家チームの一人は「米国は極めて危険な時期にある。医療システムが崩壊しつつある」と警告している。

 同紙によると、14日までの1週間平均で1日当たりの感染者数は14万5千人超、死者数は1日当たり1120人を超えている。米国の累計死者数は約24万6千人。