国内の1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が高止まりする中、好天に恵まれた東京都内では15日、マスク姿で七五三のお参りをする家族連れの姿が見られた。「コロナに負けず元気に育ってほしい」。感染防止に気を配りながら、子どもの健やかな成長を願っていた。

 千代田区の日枝神社では、晴れ着にマスクをした親子が相次いで参拝した。同区に住む医師(42)は、長女(7)と次女(4)、妻の4人で訪れ「高齢の両親の感染リスクが心配で親子だけでの七五三にした」と語った。長女(3)と来た女性(37)は「感染拡大が不安。健康で過ごしてもらえたら」と祈った。