【ロンドン共同】サッカーの欧州ネーションズリーグは14日、各地で行われ、リーグAの3組でフランスが敵地でポルトガルを1―0で下し、勝ち点13として1試合を残して同組1位が確定した。後半にカンテが決勝点を挙げ、来年10月に行われる準決勝進出を一番乗りで決めた。前回覇者のポルトガルは勝ち点10で4強入りを逃した。

 もう1試合はスウェーデンがクロアチアを2―1で下した。4組はドイツがウクライナに3―1で逆転勝ちし、勝ち点9で首位に立った。スペインはスイスと1―1で引き分けて同8。

 強豪がそろう最上位のリーグAは16チームが4組に分かれ、各組1位が準決勝に進む。