【サッカラ共同】エジプト観光・考古省は14日、首都カイロ近郊のサッカラで約2500年前に埋葬された木棺が100基以上見つかったと発表した。木棺は開けられた形跡がなく保存状態が良く、記者会見した考古学者は「エジプトで今年最大の発見」としている。

 アナニ観光・考古相は会見で「発掘は続いている。さらに新たな発見があるだろう」と話した。見つかった木棺は、カイロ近郊で来年開館を予定している「大エジプト博物館」などに移されるという。

 発見現場は古代エジプトのジョセル王の墓として建造された「階段ピラミッド」のそば。近くに設営された会見場には多くの報道陣が集まった。