パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は14日、ペイペイドームで開幕し、レギュラーシーズン優勝のソフトバンクが2位ロッテに4―3で逆転勝ちした。ソフトバンクはリーグ優勝による1勝のアドバンテージを含めて2勝とし、15日の第2戦に勝つか引き分けると4年連続の日本シリーズ進出が決まる。

 第2戦の先発投手はソフトバンクが東浜、ロッテがチェン・ウェインと発表された。

 今年は新型コロナの感染拡大により開幕が遅れた影響で、セ・リーグはCSの開催を断念。パは例年の上位3チームによる2ステージ制から、上位2チームのみが4試合制で対戦する方式に縮小して開催した。