国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が15日、来日する。新型コロナウイルスの影響で東京五輪が来夏に延期となってから初めての日本訪問で、18日までの滞在中、菅義偉首相や大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事らと都内で会談。安心、安全な大会の実現に向け、緊密な連携を確認する見通しだ。

 バッハ氏は16日午前に首相と会談し、午後には大会招致に尽力した安倍晋三前首相に「五輪オーダー」(功労章)を授与。組織委とIOC、国際パラリンピック委員会(IPC)による合同会議の冒頭にも出席し、森氏と共に記者会見する。17日は選手村や国立競技場を訪れる。