サッカーのJ1鹿島は14日、永戸勝也選手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。他の選手、関係者は陰性で、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムでの同日の川崎戦は予定通り開催。

 Jリーグや川崎と協議し、永戸選手と、保健所に濃厚接触者と認定された6人の計7選手を除いて実施することが決まった。鹿島によると、濃厚接触者は杉岡大暉選手、荒木遼太郎選手、町田浩樹選手、関川郁万選手、山田大樹選手、常本佳吾選手の6人。