鹿児島県出水市の野生のツルのねぐらで採取した水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出されたことを受け、県は14日、畜産団体や関係機関を県庁に集めて緊急防疫対策会議を開いた。県は同日午前、ウイルス検出場所の半径3キロ内にある計13の養鶏場の立ち入り検査を開始。同日中に飼育状況や異常の有無の確認作業を終える予定という。

 県によると、13の養鶏場では計約58万6千羽の鶏が飼育されている。鹿児島県の満薗秀彦農政部長は「鶏舎の防鳥ネットの点検、出入り車両や靴の消毒など対策を徹底し、必要に応じて修繕などの対応をしてほしい」と呼び掛けた。