【ロンドン共同】ジョンソン英首相は13日、最側近のカミングス首席顧問の解任を決めた。英メディアが伝えた。政権内では新型コロナへの対応などに端を発した権力闘争が激化。カミングス氏らは、政権内で発言力を増すジョンソン氏の婚約者キャリー・サイモンズさんらと対立し、劣勢に立っていたとされる。参謀役の退場でジョンソン氏の求心力が低下する可能性もある。

 カミングス氏は英国のEU離脱キャンペーンの最大の立役者。英政権では離脱強硬派の別の側近も辞任を表明したばかり。英メディアによると、カミングス氏とこの側近は在宅で残務を続け、12月半ばごろに正式に職を退く見通し。