【グラーツ(オーストリア)共同】サッカーの国際親善試合は13日、オーストリアのグラーツで行われ、日本がパナマを1―0で下した。後半、南野が自ら得たPKを決めた。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング27位の日本は、同77位のパナマとの対戦成績を2戦2勝とした。

 10月のオランダ遠征に続いて、日本は新型コロナウイルスの影響で国内組を招集していない。

 日本は17日(日本時間18日)に年内最終戦としてFIFAランキング11位の強豪メキシコと対戦。来年3月にワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選が再開する。