J1名古屋は13日、元日本代表のFW金崎夢生(31)が右膝前十字靱帯と外側半月板の損傷で全治約6~8カ月と診断されたと発表した。11日の広島戦で負傷交代した。今季残り試合への出場は絶望的で、来季の序盤戦の出場も難しくなった。金崎は今シーズン、J1鳥栖から期限付き移籍で名古屋に復帰。攻撃陣の柱として25試合の出場で6点を挙げていた。

 13日にオンラインで記者会見に応じた名古屋のフィッカデンティ監督は「今季は絶対無理なので慎重にどういった状況かを正確に把握した上で、治療の方向性を探っていく。多くの方に聞きながらベストな方向を探していく」と話した。