原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の文献調査受け入れの手続きを進める北海道神恵内村の高橋昌幸村長が13日、日本記者クラブのオンライン記者会見に応じた。第2段階の概要調査に進む際、村民が賛意を示しても「知事が反対すれば従うしかない」と、断念する意向を示した。

 また、概要調査に進む場合は住民の賛否を問う有効な手段として、住民投票に前向きな意向も示した。

 村は北海道電力泊原発のある泊村と隣接しており、高橋村長は「核の廃棄物の問題は避けて通れず、われわれの時代で道筋をつけたい」と語った。