【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は13日の記者会見で、米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領に祝意を表した。中国はこれまで大統領選の結果は確定していないとの認識を示し、態度を表明していなかった。

 各国首脳がバイデン氏と電話会談を始めており、トランプ米政権との間で「国交樹立以来最悪」(王毅国務委員兼外相)の水準に冷え込んだ対米関係を早期に少しでも回復させたいとの思いがありそうだ。

 汪氏は「米国民の選択を尊重する」と強調した。米国内外の大統領選に関する反応を注視した上で判断した形。副大統領就任が確実になったハリス上院議員にも祝意を示した。