全国を巡回中の2020年東京五輪の聖火が13日、三重県に到着し、桑名市の市民会館で一般展示が始まった。同県川越町出身で08年北京五輪バドミントン女子ダブルス5位の小椋久美子さん(37)が会場を訪れ「選手にとって希望の光となる聖火をぜひ見に来てほしい」とPRした。

 小椋さんは聖火を前に「五輪開会式で聖火がともされた瞬間の『夢の舞台に立っている』という感情が湧き出てきた」と話した。来年4月に聖火ランナーとして県内を走ることについては「いつかここで走りたいと夢に描いていた。自分が生まれ育った土地をかみしめながら走りたい」と意気込んだ。