家具・日用品大手のニトリホールディングスがホームセンターの島忠に対する株式公開買い付け(TOB)を16日にも始める方針を固めたことが13日、関係者への取材で分かった。ニトリの買収提案に島忠が賛同する方向で両社がほぼ合意したという。ニトリが既に示している1株5500円の買い付け価格を重視したとみられる。

 ニトリは敵対的買収になるのを避けられる見通しとなった。島忠は13日、ニトリのTOBに賛同するかどうかを同日の取締役会で検討するとのコメントを出した。

 島忠に対しては同業のDCMホールディングスが16日を期限としてTOBを実施している。