【ニューヨーク共同】休日明け12日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、10日と比べ11銭円高ドル安の1ドル=105円08~18銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1799~1809ドル、124円05~15銭。

 新型コロナウイルス感染者の急増を受け、相対的に安全な資産とされる米国債が買われ金利が低下したため、ドルを売って円を買う動きがやや優勢となった。