外食大手すかいらーくホールディングスは12日、新型コロナウイルス感染症の影響で不採算に陥った首都圏を中心とする約200店を2020~21年に閉店すると発表した。グループ内で配置転換するなどし、従業員の雇用は維持するとしている。

 オンラインで記者会見した谷真社長は「アフターコロナで収益を上げるためには経験豊富な人材の確保は極めて重要だ」と述べ、人員は削減しない考えを強調した。

 9月までに閉店した85店に加えて約120店を今後閉めるが、宅配と持ち帰りの需要に対応したから揚げ店など約80店を新たに出し、業績回復を図る。