ドメスティックバイオレンス(DV)や性犯罪、ストーカーなどの「女性に対する暴力をなくす運動」が12日に始まり、大阪府吹田市の万博記念公園にある「太陽の塔」が紫色にライトアップされた。取り組みの象徴である「パープルリボン」にちなんだ。

 今月は「児童虐待防止推進月間」でもあることから、近くにある大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」の大観覧車は、虐待防止のシンボルカラーのオレンジ色と、女性への暴力根絶を訴える紫色が交互に点灯した。