北海道と札幌、旭川、小樽、函館の4市は12日、新型コロナウイルスに236人が感染し、2人が死亡したと明らかにした。感染者は過去最多で、100人を超えたのは8日連続。道内感染者は計4797人、死者は計122人になった。

 新規感染者の発表は札幌市が164人、道が57人、旭川市が9人、小樽市が4人、函館市が2人。

 札幌市を中心に感染拡大が急増している。同市は医療体制の逼迫に備え、11日から重症化するリスクが低い患者を自宅療養させる方針に転換した。

 北海道医師会の長瀬清会長は、道に対し「Go To トラベル」を積極的に後押ししないよう近く要請すると明らかにした。