【ソウル共同】韓国のMBNテレビは12日までに、同局の女性看板キャスターの映像データを人工知能(AI)に学習させ、キャスター本人がニュースを読み上げているように見せる合成映像を生成し、テレビのニュース番組に登場させた。声だけでなく、表情や身ぶりも実物と見分けが付かないほどだ。

 災害時にキャスターやスタッフ、機材の準備が間に合わないときなどの速報ニュースへの活用が期待されている。

 映像のモデルになったのは、金柱夏さん(47)。10時間分の映像データをAIに学習させた結果、最大で千字程度のニュース原稿を1分以内に映像として生成することが可能になった。