【ワシントン共同】米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は11日、ホワイトハウスを取り仕切る大統領首席補佐官にロン・クレイン氏を起用すると発表した。同氏は副大統領だったバイデン氏の初代首席補佐官を務めた腹心。オバマ前政権のエボラ出血熱への対応を統括する調整官も歴任しており、最優先課題の新型コロナ対応をにらんだ人事とみられる。バイデン氏の政権人事の発表は初めて。

 共和党のトランプ大統領は敗北を認めず、政権移行の手続きを拒否しているが、バイデン氏は着々と準備を進めている。11月下旬から12月上旬にかけて閣僚人事も発表する見通しという。