東京・表参道の土地の地主に成り済まし、所有権を勝手に移転しようとしたとして、警視庁捜査2課は12日までに、偽造有印私文書行使などの疑いで、東京都江東区、職業不詳三木勝博容疑者(65)ら地面師グループとみられる3人を逮捕した。土地購入代金として数億円がグループに支払われており、同課は詐欺容疑でも捜査する。

 他2人は奈良市、会社役員樫尾幸宏容疑者(42)と、千葉県市川市、職業不詳豊田浩幸容疑者(60)。

 逮捕容疑は2016年12月、渋谷区神宮前の土地を巡り、所有者の80代女性からの委任状を偽造し、法務局に提出して登記を書き換えようとした疑い。