【ラマラ、エリコ共同】パレスチナ自治政府は11日、ヨルダン川西岸ラマラで、新型コロナウイルスで死去したパレスチナ解放機構(PLO)のアリカット事務局長(65)の追悼式典を開いた。

 自治政府のシュタイエ首相は「アリカット氏はパレスチナのために生涯をささげた闘士だった」と指摘。この日は自治政府前議長アラファト氏=2004年にフランスで死去=の命日でもあり、「われわれは、2人が目指したパレスチナ国家の樹立に向け歩み続ける」と強調した。

 アリカット氏は中東和平交渉で、長くパレスチナ側の交渉責任者としてイスラエルと相対した。