プロ野球楽天からドラフト1位で指名された早稲田大の早川隆久投手(22)は、東日本大震災で被災した経験を持つ。交渉権は、運命に導かれるように仙台市を本拠にする楽天が獲得した。

 小学6年だった2011年3月11日、太平洋に面した千葉県横芝光町の学校で大きな揺れに襲われた。津波が押し寄せ、学校で一晩を明かした。「自分の中ではもん絶する状況だった」と振り返る。

 過酷な現実の中、13年の楽天の日本一に心が奮い立ったという。「誰かのために頑張ろうとなると、みんなが力を発揮できる」

 来年は楽天のユニホームを着る。「今度は(自分が)夢を与えられるような選手になれれば」